12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しいフライパンを買った!

<エッセイ>

野いちごの場所で・19 <新しいフライパンを買った!>


 多くの人が悠々自適の生活を楽しむ歳ごろ、ぼくは家族の病気介護というよんどころない事情で、突然「主夫業」をやらざるを得ないことになり、あっと言う間にまる二年が経った。
 少々ポカはやらかすが、仕事は段取りがよくて早いのが取り柄で、まあ普通の人の十倍は鼻歌で働いてきたと思う。貧乏で、おふくろが二年ほど寝たきりになったこともあって、子どもの頃から炊事洗濯、家事体験は十分にしている。家庭を持ってからも、子守りはもとより、炊事、洗濯、掃除、皿洗い、家事は公平に分担してきた。だから、突然の主夫業にあわてることも、違和感も無い。
 置かれた境遇の中で小さな喜びを探し出す。そこにあるもので、万事なんとか間に合わせる。そういう融通無碍の生き方をしてきたので、炊事も主婦並みのことはできないが、なんとか生きていける程度のことはできる。
 料理のメニューは、できるだけ簡単で、そこそこ栄養のバランスが取れ、材料が安く自分に作れる物を基本にローテーションすることにしている。ローテの期間は、近頃のひ弱になったプロ野球のピッチャーと同じで、中六日とか、七日で同じものがめぐってくる。
 こんなものができる。
 未知さんが学生時代に使っていた料理本で、マーボー豆腐と豚肉の生姜焼きをマスターした。料理本を使って分ったことは、調味料の分量をはじめとして、完璧に書いてあるとおりにしなくても、かなりいい加減でよいということ。
 マーボー豆腐には、ニンニクや生姜、白ネギを大胆に多目に投入すると美味しい。生姜焼きでは、おろした生姜を絞るのがあまりに面倒くさいので、絞らずにそのまま入れることにしたが、何の問題も無い。
 塩胡椒のし方を未知さんに教えてもらった。これで、鶏肉や法蓮草のソテー、エリンギとベーコンを具にしたパスタができるようになった。この塩加減、胡椒の加減もいい加減だが、一度も失敗無し。
 スキヤキや肉ジャガは自己流で昔から作っていた。これはもう一段工夫して美味しくしたい。どなたか、コツを教えてください。
 食事全体としては、野菜をたくさん食べることを心掛けている。ほぼ、全ての野菜が、サラダ油で炒めれば美味しく食べることができる。よく洗って、ザクザク切って、醤油、一番安い鰹節のけずり粉、最後に香りづけにごま油を投入すればOK。
 毎日、自分と未知さんのと、二つのお弁当を作る。ぼくのおかずは二品、未知さんのおかずは三品に落ち着いた。お弁当にもできるだけ野菜をたくさん入れる。朝、短時間に作るために、前の晩に下ごしらえする。ほぼ、365日、シシトウやピーマンを醤油と例の鰹節で炒める。シシトウには時々猛烈に辛いのが混じっている。やったー、この時が幸せだねー。
 余談。ぼくの山畑で育つシシトウにも時々辛いのがある。シシトウに辛いのが混じるのは、カラシへの先祖返りか、近くで栽培している鷹の爪との交雑かと思っていた。ところが、最近聞いた専門家の話によると、栽培環境のストレスが原因だそう。辛いシシトウを作るには、ぼくのようなズボラな農夫がいいようだ。
 さて、ぼくの料理に、朝に晩に活躍する道具はお分りだろうか。そのとおり、朝に夕に野菜を炒めるフライパン。マーボー豆腐も生姜焼きもスキヤキもソテーもフライパン。
 昔の賢い主婦は、フライパンを上手に使いこんで、良いフライパンにしていたそうだ。最近は、奥様も忙しくなったし、賢い主婦、というような生き方もはやらなくなった。そこで焦げ付かないようにコーティングしたフライパンが登場した。これは、昔人間には少し寂しいことだろうけれど便利で快適ではある。
 我が家の台所の冷蔵庫の上に、古いフライパンがいくつも重ねて置いてある。敏さんが使っていたフライパン。コーティングしたフライパンの泣きどころは、コーティングがはげるので長く使えないこと。敏さんが積み重ねているフライパンはその残骸。
 我が文学と人生の師、松下竜一さんは「底抜け貧乏暮らし」という随筆を書いていた。作品のテーマも、文章も、構成も超一流の後世に残る大作家だけれど、警察にマークされるほどの過激な反体制派、市民運動の支援者だったから、仕事の注文は少なかった。松下さんは年収百二十万円程度と言っていた。この国の文化、民主主義とはその程度のもの。
 ぼくも、病人三人を抱えた年金生活で、我が師の後を追って、いよいよ底抜け貧乏暮らしに突入した。師の後を追えるというのは嬉しいことだが、主夫を始めてとりあえず困ったのが、フライパン。コーティングが完全にはげて、焦げ付くことはなはだしい。朝に晩に使うので、うらぶれた暮らしの悲哀が、いや増す。
 いいフライパンは高価だ。辛抱して古いのを使うしかない。そしてまる二年、先日、行きつけのスーパーが模様替えした。天井から商品の新しい案内板がぶらさがっている。ひょいと見上げると、フライパンと書いてある。自然に足が向いた。千円の買物にもかなりの勇気がいるぼくが、躊躇なく一つを手に取った。千八百円、メイド・イン・ベトナムの美しいフライパン。敏さんは外国製の台所用品を嫌ったが、今やそんなことを言える我が家の経済状態ではない。
 毎日朝晩、快適に野菜を炒めている。焦げ付かない。簡単に洗える。コーティングがいつまで持つか、大事に使って試してみよう。
 ベトナム製の美しいフライパン、いよいよ本格的な底抜け貧乏暮らしの主夫になったぼくの心強い相棒である。
スポンサーサイト

主体的な学びを育む子育て

<講演>

土佐塾中高父母と先生の会高知中央支部懇親会・講演(2012.12.9)
  テーマ <主体的な学びを育む子育て>

<お招きへの感謝>
 なぜお話に出かけるか・我が子の子育てに悪戦苦闘した20年・教育や子育てに悩む皆様のご相談に
 精魂を傾けた12年・その中で、自分にしか語れないことができた
 学力、不登校、無気力、暴力、山積する教育課題の原因は何か・対策はどうあるべきか
 教育の専門家、研究者、誰も語らないことが、ほぼ見えてきた
 それが今日のお話のテーマ・借り物、受け売りでないことが取り柄
 私の話の中に、一つ二つ、これからの皆様の人生を心豊かにするものがあれば幸い

<この国の教育の現状・山積する教育課題>
 学力問題、不登校、イジメ、自殺、非行、暴力、無気力、中途退学、ひきこもり
 様々な対策が議論され、講じられてきたが事態はまったく好転しない
 現職の頃、高校生の就職のお願いに企業廻りをして、いつも社長さんに叱られた
 指示したことしかできない、自分で判断して行動できない、すぐ辞めて行く
 この問題は、現在勤務している大学でもまったく同じ・大学でするべき勉強ができていないから、
 就職活動で悪戦苦闘・就職できてもうまくいかないで辞めて行く
 現代の教育では、主体的に考えて行動する、困難に耐えて頑張る、人と関わることができる、
 そういう社会で生きて行くのに必要な力を備えた人間を育てることができなくなっている
 何より最大の問題は、このままでは子ども達が幸せになれない・さて、私達はどうすればよいか

<まず、原因を考えたい・なぜこの国の教育はうまくいかないか>
 ① 教育の目的についての合意形成ができないという問題
 どんな人間を育てるか、国民の考え方は一致しているように見えて実はバラバラ
漠然と、素直で優しい子、明るく元気な子、人と仲良くできる子、しかし
 本音は有名大学、有名企業、人生の幸せという神話を信じている人がいまだ多数派
 少数の人達がそれに疑問を持ち始めている・私はその一人
 ② 教育の方法についての合意形成ができないという問題
 教育の目的で一致できないから、教育の方法でも一致できない・政策が右往左往
 対症療法では問題の根本的解決はできないのに教育政策の主流はいまだ対症療法
 教育問題の原因・背景から考えて、根本的な解決をリードする「哲学」の不在
 ③ 教育の責任があいまいにされているという問題
 人間は社会的動物・教育の責任は、家庭・学校・地域社会が等しく背負うべきもの
 社会全体が協力して育ててこそ、社会に恩返しする人間が育つ
 しかし、現在は、家庭と地域社会の教育力が極端に衰退、そのため
 保護者や地域社会が責任を負うべき分野まで学校に丸投げ・学校は防御に必死
 ④ 子ども達が育つ生活環境、社会環境、自然環境の悪化、あるいは破壊という問題
 豊かさの追求、過酷な競争社会の出現、経済的格差の無限大の拡大、その結果
 子ども達の生活環境の悪化、地域社会の人々の心の絆の崩壊、モラルの崩壊
 自然環境の破壊、人間は本来、美しい風景の中で心豊かに育つ生き物なのに
 ⑤ 生物学的な問題・豊かさがもたらした生きることに対する意欲の減退
 飢餓の時代には生きる目的は明白・飢えを体験する機会の無い子ども達には?
 大人になるために必要な知恵や力を獲得する遊びや生活体験の場の不足、消滅
 生きる目的、生きて行く技術を身に着ける機会を失くした子ども達
 ⑥ こうした問題の背景には産業構造や社会のあり方の問題という難問がある
 しかしなぜか、社会的背景という最大の要因を口にする専門家、研究者はいない

<教育再生の処方箋――どうすれば教育課題の根本的な解決を展望できるか>
<それを考える上で参考になる具体的事例>
 ① たんぽぽを訪れる子ども達のケース・心の闇を抱える子ども達
 ② 高校合格に心血を注いだ熱血教師の悲哀・私は自尊感情を育むことができなかった
 ③ 大学四年になって茫然自失する優秀な学生・主体的な学びを知らない学生達の悲哀
 ④ 外山滋彦「思考の整理学」(ちくま文庫)・学校はグライダー人間の養成所

<そこから導かれるキーワードは「主体的な学びの獲得」>
 それがあれば生きる意欲・やる気、自分で考えて判断する力も、他者との関係築く力も、挫折を乗り越える力、 現代の子ども達若者達に最も必要な自己肯定感も育まれる

<処方箋その一・主体的な学びへ、私達の教育観の転換、そして教育のあり方の転換が必要>
 より高い偏差値、受験に合格する点数を取る力だけでは子ども達は幸せになれない
 教えられた知識を記憶する受身の勉強から、自分で考え、判断して行動に移す
 主体的な学びに転換しなければならない時代が来た
 主体的な学びを獲得した子ども達は、将来どんな境遇に置かれても、その場で
 自分らしい幸せを掴んで生き抜くことができる
 山積する教育課題も、その時はじめて根本的な解決に向けた展望が開ける

<処方箋その二・主体的な学びを獲得するための哲学>
 ① 子育て・教育の責任は、家庭、学校、地域社会がひとしく背負うべきもの
 人間は社会的動物・独りでは生きていけない・経済に国境が無い時代、我が子だけの幸せはない
 社会全体の子どもが幸せになる時、我が子も幸せになれる
 社会全体で育ててこそ、社会を支えることのできる人間が育つ
 全ての子どもの成長にみんなで責任を負いたい
 ② 教育はお金では買えない・人間は人との良い関係の中でのみ健全に育つ
 塾は、受験技術は授けてくれるが、人生を心豊かに生きる術は教えてくれない
 大学の勉強は、主体的に学ぶ力を身に着けることに価値、卒業証書に意味は無い
 困難を乗り越えて人生を心豊かに生きる力の基盤は、人間への信頼、心の絆
 人間に対する信頼、心の絆は、親と子、教師と生徒、友達との関係の中で育まれる
 人間に対する信頼、心の絆はお金では買えない

<処方箋その三・主体的な学びを獲得するための基盤づくり・日常の子育てで大切にしたい三つのポイント>
 ① 良い生活習慣・生活リズム
 体内時計に生活リズムを合わせると心も体も健康になる
 村上春樹は、食事、洗濯、掃除、入浴、運動、規則正しい日常生活を実に大切にしている稀有な作家
 ② 遊び・遊びは勉強よりずっと大事・ただし、遊びの中身が肝腎
 遊びは生きるための知恵と力を身に着けるトレーニング
 自然の中で友達と一緒に五感をフルに働かせる遊びがベスト
 肉体と精神を鍛える遊びの中で知力も体力も身に着く・現代の子どもの不幸は遊びの質と量の不足
 ③ お手伝い・生活体験
 生活体験は、社会に出て、自立して健康に暮らしていくためのトレーニング
 生活体験の機会が少なくなった事は現代の子ども達の不幸・でも努力すれば可能
 生活体験をたくさん積んで育つと、社長さんに誉められる社員になれる

<処方箋その四・主体的な学びを育むには、勉強が好きになる勉強をしなければならない>
 東大に入る、というような強い目的意識は勉強する動機にはなるが、勉強が好き、には敵わない
 みんな勉強は嫌いだった・それは私達が勉強というものを勘違いしていたから
 ① 勉強に対する私達の常識を覆す
 勉強は人に教えられてするものでなく、自分でするもの
 勉強は人と競争してするものでなく、仲間と助け合ってするもの
 勉強はテストで良い点を取るためでなく、知ることの喜びを体験するために
 勉強は「知識」を記憶することでなく、物事の「考え方」を身に着けること
 ② 勉強を自分で楽しくするために、自分の「勉強の仕方」を身につけよう
 予習を優先する・自分はどこが分からないかを知ることが予習のポイント
 授業中は先生の話を聴く事に集中・耳からの情報が一番頭に残る
 自分のノートを作る・先生が黒板に書いた事、自分が先生の話から気付いた事を基に、
 自分のオリジナルのノートを作る・その作業は素敵で楽しい
 ③ 勉強以外の勉強をする・これが運命の涌かれ岐かれ目
 活字に親しむ、本を読む、新聞を読む、そうして自分の脳内辞書を豊かにする
 スポーツ、魚釣り、虫取り、自然観察、生きた自然や人に関わる事に没頭する経験を積むと視野が広がり、
 心豊かな人間になれる
 こういう勉強をすると、知識を記憶する受身の勉強から、物事の本質をとらえる「考え方」を身に着ける
 主体的な勉強に変わる・大学に合格して終る人でなく、そこから伸びる人になれる
 学んだことが人生の幸せにつながる人になれる

<処方箋その五・親は何をすべきか、何ができるか>
 貧乏で学校に行けなくて読み書きできなかった私のおふくろの子育て・私の自己肯定感はこれで育まれた
 ① 内職を中断して添い寝――絶対的な安心の場所、心の安全基地
 ② 活き活きと語ってくれた昔話――集中して聴く力・想像力・語彙を豊かに
 ③ 突然の抱きしめ――愛情は精一杯表現して伝える・親の愛も深まる
 私が考える親の子育てのポイント
 ① 親子の信頼関係がすべての基礎
 これが親以外の人との信頼関係を築くベースになる
 たんぽぽに相談に来る保護者さん・親子の信頼関係が確かなら、学校に行けなくても何も心配ない
 子どもの話をしっかり聴く・人生にこのために使う時間より大切な時間は無い
 ② 良い生活習慣・生活体験を身に付けてあげる・これは家庭の責任
 ③ 親自身が自分の人生を心豊かに生きる・その背中を見て子どもは自分の力で育つ
 心豊かに生きるには、お金はかからない
 人生を心豊かに生きるために、孤独で弱い人間である私が身に着けた知恵
 ・日常生活の周辺に小さな喜びを見つける・それが困難を乗り越える力になる    
 ・自分の心の痛みを通じて人の心の痛みを感じ取る想像力を身に着ける
 不登校の我が子と生きた経験から・それができるようになると、たくさんの、自分を支えてくれる人との出会い がもたらされた・人生が変わった

<処方箋その六・学校は何をすべきか、何ができるか>
 教育の責任を学校に丸投げしてはいけない・学校にできることには限界がある
 その事を前提にしながら、しかし、学校にできることは、まだ、ある
 教育課題を教育の本質から読み解くこと
 学力対策で学力問題は解決しない・不登校対策で不登校問題は解決できない
 教育課題を教育の本質から読み解くとは、
 問題解決の道を一人一人違う子どもの幸せとは何かを考える視点で追究すること
 教育の本質から読み解く学校教育の改善は、三つの経営改善に収斂する
 ① 教科経営の改善―-良い授業とはどういう授業か・授業の主役は教師ではない
 良い授業とは、参加する・助け合う・発見や感動がある・生徒が主役である授業
 そこで学ぶ喜びの体験を重ねる中で主体的に学ぶ力が獲得できる
 ② 学級経営の改善――教師の人権感覚次第で学級は生きも死にもする
 日常の教育活動の中に学級弱者への配慮があれば、仲間が自然に助け合う学級ができる
 温かい、安心できる学級ができる時にのみ、イジメも不登校も学力問題も解決する
 安心できる仲間と一緒に勉強する時、意欲的に楽しく学ぶ力が育つ
 ③ 学校経営の改善――問題が起きたら教職員皆でそれを共有するルールを確立する
 問題を個人が抱えて悩む組織は、問題解決ができない・問題を組織で共有すると自然に解決する道が開ける
 子ども、保護者、地域住民にも助けを求めると、より高いレベルの問題解決が可能
 現代の教育課題のほとんどは学校だけでは解決できない・学校を開く必要
 そのために、日頃の分け隔てないお付き合い、関係者との本物の信頼関係づくりが大切
 学校が開かれる時、子どもは学校に行く事が楽しくなり、主体的な学びが身に着く
 ・三つの経営改善のミソは、どれか一つに徹底して取り組めばよい・全ての道はローマに通じている

<処方箋番外編・私、大崎は何をすべきか、何ができるか>
 教育を支える責任は地域社会全体にある・心の絆を失くした社会はその責任を果たせない
 たんぽぽ教育研究所は、心の絆の再生、新たなコミュニティづくりの実験場
 全ての人を分け隔てなく受け容れる・人の心の痛みに寄り添う
 哀しみや苦しみを抱えた人が一休みする・そこで新しい人と人との心の絆を作る
 人を励ます事で励まされている自分・こういうコミュニティの中にいると幸せ
 社会の中に、様々な形の血の通った新たなコミュニティを重層的に作り出していきたい
 温かい心の絆のあるコミュニティの中で、子ども達は人を信頼して、健やかに育つ
 そのために、まず、目の前に困っている人がいたら手を差し伸べることから始めよう

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。