02
2
3
4
5
6
7
8
10
11
13
14
16
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
   

本に出会う旅

本に出会う旅

                          大 崎 博 澄

 やれやれ今日もいろいろあった。明日もいろいろあるだろう。でも、眠りに就く前の少しの時間、好きな本を開く時、今日解決できなかった悩みも、新たに生じた心配事も、ともかくしばらく忘れることができる。ぼくの人生の小さな旅、至福の時。
 近頃読む本は、エッセイなら須賀敦子さん、小説なら小川洋子さん、詩ならぼくとまあいい勝負だなと思えなくもない長田弘、睡眠薬代わりなら山口瞳。
 なぜか分からないが、ぼくは無性に本の好きな子どもであった。ところが、山奥のとても貧しい農家に生まれ育ったので、家の中に子どもが読めるような本は一冊もない。
 当時の田舎の小学校のこと、今の学校では普通にある図書室も学級文庫も無い。もちろん田舎町のこと、図書館など無いし、立ち読みしようにも本屋というものも無かった。
 お金持ちの家の子と仲良しになって本を貸してもらうという手はあったかも知れないが、ぼくは極端な引っ込み思案で孤独な子どもだったし、昭和三十年前後と言えば、そもそも児童図書などをたくさん持っている家庭そのものが少ない時代であったろう。
 そんなわけで、小学生の頃のぼくは本に対する飢餓状態にあった。ぼくの本に出会う旅はその頃に始まる。
 ある日、ネズミの糞だらけの押入れの中に、年のだいぶん離れた兄か姉が読んだのだろうと思われる、スティーブンスンの「宝島」を見つけ出した。おそらく終戦直後の物のない時代に出版されたものだろう。紙の質は最悪のザラ紙で、印刷も青いインクがにじんだひどいもの、その上、小学生には読めない難しい漢字がたくさんあったが、とにかく本に飢えていたので、今も挿絵や本の感触まで鮮やかに覚えているほど繰り返し読んだ。手当たり次第に読む、というのも大事な読書法だが、一冊の本を繰り返し読むのも意味がある読書法だ。
 中学生になって一番嬉しかったことは、階段の踊り場のような場所を利用したごく小さなものではあったが、ともかく図書室らしきものがあったこと。そこで生まれて初めて、存分に本を読む喜びを味わうことができた。蔵書の数も内容も、今思えば貧弱なものだっただろうが、ぼくには天国、とにかく手当たり次第に読んだ。
 なにしろひどい貧乏で、高校進学など夢にも考えられない情況だったから、受験勉強などにわずらわされることなく、読書にふけることができた。
 担任の先生の熱心なお力添えで、自宅から十数キロ離れてはいるが、唯一自転車通学のできる山の中の小さな定時制高校に進むことができた。この学校には一応の体裁を整えた図書室があった。「ゲーテ全集」ではなく「ギョエテ全集」が並んでいるという具合で、蔵書全体は少し古いが、出入りも自由、人気もない静かな環境で、ぼくはここでも気ままに読書に浸ることができた。
 今にして思えば、暮らしはどん底の貧しさだったが、競争もイジメも無い田舎ののどかな学校で、ぼくはなんと幸福な思春期を過ごさせてもらったことだろう。
 高知へ出て働くようになってからは、休日ごとに昔の古い木造の市民図書館や県立図書館に通った。今までの図書館とは蔵書のレベルが違う。欲しい本が何でもある。入り浸って本を探し、思いがけない劇的な本との出会いをたくさん体験することができた。
 河上肇「獄中書簡」、伊東光晴「経済学は現実にこたえうるか」、真壁仁「詩の中にめざめる日本」、成川武夫「あなたの哲学」、これらの本はぼくの人生を変えた。
 人生の幸福は、良き人との出会いに尽きる。本は、時間や空間を超えた人との出会いをもたらしてくれる。だから、ぼくは貧しかったが、とても幸福な人生を歩ませてもらったと思う。今のぼくの人間性の基礎、愚かで弱いぼくという人間を支える生き方の原則を育んでくれたのは、あの階段の踊り場の小さな図書室や街の図書館である。
 今、若者達はあふれるほどのものの豊かさの中で、充たされない飢えにあえいでいるのではないか。何でもあるコンビニエンスストアの中で、生きることの意味、人との出会いを求めて人生を渉猟することの楽しさを見つけかねているのではないか。
 その責任は、私達の作り上げた社会の構造そのものにあるが、本を読む喜び、本に出会う旅の楽しさを知れば、この若者達の何人かは間違いなく救われるだろう。
 本に出会う旅、人に出会うことの喜びを、もう一度、若者達に伝えてやりたい。
スポンサーサイト

せみしぐれ

<せみしぐれ>

せみしぐれ、せみしぐれ
植田馨先生が会う度に言うていたせみしぐれが
とうとうぼくにも聞こえる歳になった
熱中していた仕事の手をふとやすめると、せみしぐれ
窓から幡多倉公園の紅梅を見下ろすと、せみしぐれ
やれやれ、今日も疲れたなー
一日の仕事をやっと終えて横になると、ここを先途とせみしぐれ
植田先生はとても気にしておられたが
ぼくは意外に気にならない
気にしている暇がない
お客様の話をお聴きしている時
夕食の買い物をしている時
炊事洗濯をしている時
大事な用事をしている時は聞こえない
せみはどうやらぼくの脳味噌の奥深くに巣食い
ぼくが手を止める時をねらって悲鳴のように鳴きしこる

この世の悲惨
人生の哀しみにくらべれば
これはバッハの無伴奏チェロ組曲
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトのピアノ協奏曲ニ短調
しみじみといとしんで聴いてあげるよ
季節はずれであろうとも、君はぼくの友達だよ

返って来た本

<返って来た本>
 本をお貸しすると、返してくださる方は滅多にいない。貸した本はほとんど返って来ない。こちらもどなたに何をお貸ししたか覚えていない。多くの本はどうでもいいが、いくつか大事な本がある。それが戻らないのが、ちょっと悲しい。というようなことを先日書いた。
 おひとりだけ、たんぽぽのお客様で一番誠実でやさしい方からすぐに連絡があった。すみません。近いうちに返しに行きます。こちらこそ、申し訳ないことを書いてしまってすみません。あなたに本をお貸ししたことも、書名も記憶に無かったのですが・・・。
 さて今日は、別の話。いつか読もう、と思って鷲田清一さんの本を一冊買った。その本をぼくが読まないうちにどなたかにお貸しした。本はまもなく返って来た。
 最近、ようやく時間ができて、さて読もうと手に取ったが、どうも違和感がある。お貸しした本の書名を憶えてないのだが、どうもこの本ではないようだ。手触りも少し古い。めくっていくと、裏表紙に署名があった。「橋本かな」。そういう知人はぼくにはいない。
 借主は、鷲田さんの著書ではあるが、別の人から借りた別の本をぼくに返したらしい。返してくれたのが誰だったか、ぼくは皆目思い出せない。橋本さんにお送りしてあげたいが、ぼくにはなす術がない。
 みなさん、借りた本は返しましょう。ほとんどはどうでもいい本ですけれど、稀に持ち主の命の一冊があります。国分康孝さんのカウンセリングの真髄を書いた小さなブックレット、サルトル「実存主義はヒューマニズムである」、拙著「野の思想史」、おーい、どこへ行ったんじゃー。彼らはたぶん、もうゴミとして捨てられたか、どこかの押入れの隅で泣いている。これは人の命を粗末にすることと同じです。

2月12日

<2月12日>
 金曜日の午前中は原則ぼくのアルバイト出撃の日。たんぽぽの留守番をお願いしたMさんが、なんと手作りの柿羊羹とチョコレートを持って来てくださった。この歳になっても、チョコレートを頂くのは嬉しい。
 仕事先でN先生とお話、1時間あまり。久々に教育や人生の核心に触れるやり取りができる人に会えて感動。世の中にはまだまだ凄い人がいるなー。希望が湧いた。
 電話相談中にS先生が突然の来訪。何事かと思いきや、わざわざチョコレートを持参してくださった。そう言えば、毎年頂いている。かたじけない。
 幡多倉公園の紅梅が満開。毛糸のチョッキを着た犬を連れたおじいさんが散歩に来た。それを窓から見ているおじいさんにもささやかな幸せがある。今日はいい日。

心豊かに生きる

いの法人会研修会講演台本  2016.1.21 16:00~17:00 (60 分)

<心豊かに生きる>

不思議な幸せを生きている私
私は貧しい生い立ち、悩み多い青壮年期、二人の子どもの病気という過酷な晩年
大きな不幸を背負っているのに、永年の夢を実現し、不思議な幸せを生きている
私の夢・詩人、社会奉仕、心許す友、明るい窓のある書斎
久し振りに会う知人に若い!全然変わってない!と言われる
胸が張り裂けそうな哀しみを背負っているのに、なぜ不思議な幸せを生きることが
できるのか、その訳をお話したい・何か一つ二つ皆様の参考になれば幸い

21世紀は生きる事が困難な時代
  自然環境の破壊――温暖化・気候変動・食糧や資源の危機
  経済成長神話の終焉――豊かさと引き換えに、競争社会と経済格差が遺された
過酷な競争社会はモラルの荒廃を・経済格差の拡大は心の絆の崩壊をもたらす
  私の生まれた昭和20年には、国民は等しく貧しかったが、モラルも心の絆もあった
  21世紀は豊かな時代だが、モラルは崩壊、人々の心の絆はちぎれかかっている
  このような時代に、心豊かに生き、自分らしい幸せをつかむにはどうすればよいか
  難しいことでなく、誰にでもできる私の生き方を、お話したい

心豊かに生きる私の流儀
その一 ありのまま、自分の弱さを隠さずに生きる 
私は極貧に生まれ、劣等感にまみれた少年時代、思春期・青年期を過ごした
貧しい生い立ち、学歴が無い事、自分の弱さ、劣等感をひた隠しに隠して生きてきた
二つの出来事でありのまま、自分の弱さを隠さずに生きる事を覚え、人生が変わった
第一の事件・夜間高校の国語の先生との出会い・信頼関係・ありのままを告白
  人を信頼することができれば真実を話すことができる、隠し事から解放される
  自分の殻を破り、本当の自分に出会える
第二の事件・我が子の不登校・地獄の30年の始まり・悩みをオープンにすると
  同じ悩みを持つ人が集う・励まし励まされる・新たな人の輪に支えられる
自分の弱さ、恥ずかしさ、失敗、劣等感を隠さないで、オープンにして生きると
  支えてくれる人、助けてくれる人が必ず現われる・真の友が現われる
自分のつらい経験を通じて、つらい目に会っている人様の気持ちに寄り添える
ありのままでいれば、無理にがんばらなくてよいからストレスが減る
自分の殻を自然に無理なく破ることができる

その二 身の回りの、小さなものを愛する
  現代社会は弱肉強食、何をしても許されるルール無き過酷な競争社会
  生き馬の目を抜く競争社会を、大崎さんという一番弱い馬はどう走ったか?
  最初から、競争しない、闘わない、できる限り人に譲る
競争から降りて、自分だけの小さな生きる喜びを探す生き方を選ぶ
  生きる喜びは、小さなものを愛する好奇心があれば、日常身辺の至る所に見つかる
  お堀の亀、裁判所のノビル、円満橋の下のどぶ川のボラ、幡多倉公園に咲くタンポポ
  小さなものを愛する好奇心を持っていると、大きな不幸に耐えられる
  アルコール依存症から回復する過程のエピソード・風景の美しさに気付く
  つまずき、挫折、人生のピンチに耐える力が弱くなった時代
  子ども、若者、中年男が、つまずき、挫折、ピンチから再び立ち上る力になる

その三 人の心の痛みに思いを寄せる
  「不登校」との出会い・我が子・ある中学生・そして全国数十万人の子ども達
  不登校、ひきこもりが減らない、大きな社会問題になりつつある
社会的動物が社会との関係を断たれ、人生の展望を閉ざされる最も過酷な苦しみ
しかし、誰も無関心、誰も根本的な解決の展望を示せない、自分でやるしかない
かくして、私は不登校の鬼になった・心やさしい鬼
私のカウンセラー哲学・お話を時間無制限でひたすら聴く、哀しみを共にする
問題を解決することはできない、しかし、問題を理解することはできる
そのことが、最大の支援、それが多くの人との出会いをもたらしてくれた
  この上なく臆病な私だが、いかなる場合も社会的弱者・少数者の側に立ち切る確信
  心に痛みを背負うのはつらいが、人の心の痛みに寄り添う方向を選べば、
不思議な幸せに巡り合える

その四 心のポケットに大切な人を貯金する  
  私達は銀行にお金を預ける・銀行に預けたお金は使うと無くなる・ところが
いくら使っても無くならない貯金がある・人との出会い貯金
これぞ人生で一番の財産・でも、もう歳、とあきらめることはない
若さは外観にあらず、人間としての成長を目指す志の持続、
それがあれば、若さを保ち、素敵な出会いがある・年齢は精神年齢が正しい
ときめきを忘れなければ、哀しみや不幸も、人との出会いの機会となり得る
「ぼくにはまだ、あの人が残っちょる」それが自分を支える最後の力になる
「心のポケット」の作り方にコツ
人様の哀しみに、自分の心を重ねてみる瞬間に心のポケットができる

その五 人を分け隔てしない
  私達は知らず知らずのうちに地位や職業や財産や肩書きで人を分け隔てしている
    県庁にも、学校にも、子どもの世界にもある身分差別
  退職する時思ったこと・自分の本当の勤務評定は裸の人間になったこれから
  人間の本当の値打ちは、地位や職業や財産や肩書きではない
  人様の哀しみが分る、それに寄り添う気持が持てる、そこに人間の真の値打ちはある
  たんぽぽには様々な悩みを抱えた人が相談に来てくれる・身を捨てても寄り添う
  たんぽぽは、全ての人を分け隔てなく受け容れる
たんぽぽは、ちぎれた人々の心の絆を紡ぎなおす実験場
皆様もお近くへおいでの折はぜひどうぞ

その六 小さな弱い人を守る
  臨時職員のお嬢さんがくれた小さな手紙「小さな弱い人を守ってあげて下さい」
教育行政の8年間は敗北の連続、しかし、自分の哲学だけは一貫
今、あちこちで思いがけない人に出会える・励まされる・この哲学を一貫したおかげ
羊飼いの話・はぐれた一頭の子羊をどうするか
50人は捨てておいてもよい、小さな弱い一人を抱きしめる・みんながそれを見ている
弱い仲間、困っている仲間を助け合う集団が育つ時、全ての教育課題が自然に解決
どんな大きな強い人も最後には必ず小さな弱い人になる
  小さな弱い人が守られる社会ができれば、全ての人が幸せになれる

その七 セレンディピティ・善意が善意を引き寄せる法則
  釣りバカの黒笹さんが教えてくれた言葉・一生懸命努力した人にだけ訪れる幸運
先日、東京でタクシーに乗ったうちの社長さんの話
  愛知県から会いに来てくれる小学校の先生の話
たんぽぽの奇跡・徳島県、詩集、仕事、ご寄付・毎年起る奇跡で運営を維持
減らないお客様、もうしばらく続けることができそう
  
その八 世の中を正さなくちゃ <96歳の私>
  柴田トヨさんのすごみ・老いても高い志を持って生きる
  私は負け続けの人生なのに、多くの人の支えを頂いて老いた今も青年の志を持続
  弱い人間である私にも、たんぽぽの種なら飛ばせる、目の前の車椅子なら押せる
  社会的弱者を蹴落とす事が許される世の中は間違っている、さればこそ
  間違っている世の中を正すささやかな志を持ち続けるなら、人生は生きるに値する
たんぽぽ教育研究所の幻の定款「世直し」・それはやさしさのタネを播くこと

私の人生の収支決算
  失ったもの――髪の毛、お金、自分の時間、テレビのチャンネル権
  頂いたもの――シワ・シミ・お腹の脂肪、たくさんの人の支え、夢の実現、
            いくつになっても人間としての成長を目指す志
  差し引き――若干の黒字

CM・たんぽぽ教育研究所と詩集「人生の扉はひとつじゃない」
  たんぽぽ教育研究所は全ての人を分け隔てなく受け容れる居場所、お待ちしてます
  この詩集は心に哀しみを抱える人への渾身の励まし、かなしみに遭遇した時、
不幸を背負った時、人生をどう生きるかの哲学が書き込んである
収益はたんぽぽ教育研究所の維持運営に使います

親子の絆

<親子の絆>

 先日の大望年会で、お隣に座ったお母さんがそっと話してくださった。障害のある息子さんが初めて四千円の給料をもらった。いの一番にお酒の好きな私にビールを買ってくれた。話しながらお母さんは涙された。苦労をかけたお母さんが一番喜んでくれることをしてあげたい。息子さんの心情が痛いほど分かる。ぼくももらい泣きした。
 ぼくは十八歳で田舎から高知に出て来た。当時通っていた定時制高校を中途退学して就職した。朝から晩まで真っ黒になって働いて、貧乏で苦労するために生まれて来たような母親に早く仕送りしてあげたい一心だった。
 母親を幸せにする、それはぼくの子どもの頃からの悲願だったが、人生は思うようにはいかない。十分な親孝行、恩返しができなかったことを、今もぼくは悔いている。
 たんぽぽにお子さんの問題でご相談に来られる方のお話を聴きながら、それが不登校であれ、非行であれ、ぼくが注目していることはただ一つ。それは、この親子の間に信頼の絆がまだ残っているかどうか、その一点。
 親子の絆がある、と確信できればほっとする。それさえあれば、学校へ行けようが行けまいが、深夜の外出が続こうが髪を染めようが、そんなことはどうでもよい。
 親子の固い絆があれば、子どもはやがて、親以外の人とも信頼の絆を結ぶことができる。そうすれば、世の中に巣立って行ける。子どもの幸せはテストの点数では決まらない。出会う人と信頼の絆を結べるかどうかで決まる。その基盤になるのが親子の絆。
 お隣に座ったお母さんが、大崎さん、飲みに行こう、飲みに行こうと誘ってくれた。もう、ぼくの人生も秒読み、本当に一緒に飲みたい人と飲みに行きたい。近いうちに葉牡丹へお誘いするつもりです。

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード