09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも

それでも


キミがいつも聞かせてくれる
徳永英明が少年のような声で唄う
<壊れかけのレジオ>
あの頃、キミがひとりで抱え込んでいた孤独
あの頃、キミがひとりで抱え込んでいた絶望
<遠ざかる 故郷の空 帰れない 人混みに
ほんとの幸せ 教えてよ 壊れかけの レジオ>
深夜のラジオから流れる歌を聴きながら
壊れそうな心の闇におののきながら
キミがひとりで耐えていたものの重さに
二十年も経って気づいても遅過ぎるよね
今さらどんななぐさめも、しらじらし過ぎるよね
それでも
ぼくはキミに伝えるほかないんだ
それでも
人生は生きるに値する、と
キミの孤独と絶望の底無しの深さこそ
キミを希望に誘(いざな)うただひとつの扉なんだ、と
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。