11
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

「深夜食堂」から「セレンディピティ」へ

「深夜食堂」から「セレンディピティ」へ

Kさま
お元気ですか。お忙しいことでしょう。ぼくは3月でK新聞のものすごーくしんどいアルバイトが終わり、自分の時間が少しでき、前に頂いた「深夜食堂」をようやく手に取りました。ところがところが、面白うて、こりゃあたまらん、ということでお礼のメールをします。感謝です。 4.20 おおさき

大崎さま
深夜食堂、気に入っていただけたようで良かったです。(^。^)
老婆心ながら、アルバイトが終わって収入は大丈夫ですか?(^。^)
あらかじめ連絡して久しぶりにコーヒーでもいただきにあがります。
K iPhoneから送信

Kさま
ご返信ありがとうございます。病気の子ども二人を抱えて生活はなかなかですが、捨てる神あれば拾う神あり、新年度から新しいアルバイトに出会えました。多くの皆様の支えのおかげです。たんぽぽの運営も、生活の維持も当分できそうです。
ぼくの詩集の愛読者のおばあさんが本を贈ってくれました。ありがとう、感謝します、ついてる!を繰り返していると、本当に幸運が舞い込むと書いてあります。
それから、運転中に「くそったれ!」「時間が無いんじゃ、時間が!」「死にやがれ!」そんな悪態を吐くのを少しひかえています。
ぜひぜひ、お時間ができましたら、コーヒーを飲みにおいでください。コーヒーは、やはり、「淳」に限りますね。お待ちしています。 4.21 おおさき 

大崎さま
新しいアルバイト、よかったですね。ギリギリまで突き詰めて努力した人だけに訪れる幸運を「セレンデピティ」というそうです。ご存知かもしれませんが。インドかどこかの伝説だと思います。

セレンディピティー(serendipity)
求めずして思わぬ発見をする能力。思いがけないものの発見。運よく発見したもの。偶然の発見。
[補説]英国の作家ホレス=ウォルポール(1717~1797)の造語。ウォルポール作の寓話The Three Princes of Serendip(1754)の主人公にこのような発見の能力があったことによる。Serendipはセイロン(現スリランカ)の旧称。

K iPhoneから送信

大崎注 なんのこっちゃ、と思わないでくださいね。久し振りにメールしたKさんとのやり取りが、あんまり文学的で、我ながら素敵だなー、と思ったので掲載します。持つべきものは金ではなく友。セレンディピティとはいい言葉。年寄ってまた一つ、賢くなりました。
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード