10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「深夜食堂」、そして「セレンディピティ」

「深夜食堂」、そして「セレンディピティ」

Kさま
お元気ですか。お忙しいことでしょう。ぼくは3月でA新聞のものすごーくしんどいアルバイトが終わり、自分の時間が少しでき、前に頂いた「深夜食堂」をようやく手に取りました。ところがところが、面白うて、こりゃあたまらん、ということでお礼のメールをします。感謝です。 4.20 おおさき

大崎さま
深夜食堂、気に入っていただけたようで良かったです。(^。^)
老婆心ながら、アルバイトが終わって収入は大丈夫ですか?(^。^)
あらかじめ連絡して久しぶりにコーヒーでもいただきにあがります。
K iPhoneから送信

Kさま
ご返信ありがとうございます。病気の子ども二人を抱えて生活はなかなかですが、捨てる神あれば拾う神あり、新年度から新しいアルバイトに出会えました。多くの皆様の支えのおかげです。たんぽぽの運営も、生活の維持も当分できそうです。
ぼくの詩集の愛読者のおばあさんが本を贈ってくれました。「ありがとう」、「感謝します」、「ついてる!」を繰り返していると、本当に幸運が舞い込むと書いてあります。
それを読んでから、運転中に「くそったれ!」「時間が無いんじゃ、時間が!」「死にやがれ!」そんな悪態を吐くのを少しひかえています。
ぜひぜひ、お時間ができましたら、コーヒーを飲みにおいでください。コーヒーは、やはり、「淳」に限りますね。お待ちしています。 4.21 おおさき 

大崎さま
新しいアルバイト、よかったですね。ギリギリまで突き詰めて努力した人だけに訪れる幸運を「セレンディピティ」というそうです。ご存知かもしれませんが。インドかどこかの伝説だと思います。
<セレンディピティー(serendipity)
求めずして思わぬ発見をする能力。思いがけないものの発見。運よく発見したもの。偶然の発見。[補説]英国の作家ホレス=ウォルポール(1717~1797)の造語。ウォルポール作の寓話The Three Princes of Serendip(1754)の主人公にこのような発見の能力があったことによる。Serendipはセイロン(現スリランカ)の旧称。>
K iPhoneから送信

 なんのこっちゃ、と思わないでくださいね。久し振りにメールしたKさんとのやり取りが、あんまり文学的で、我ながら素敵だなー、と思ったので原文のまま掲載します。持つべきものは金、ではなく友。セレンディピティとは希望をくれるいい言葉。年寄ってまた一つ、賢くなりました。
 昨年の本誌春号の「野いちごの場所で」に「こちら老人、求む仕事」という文章を書かせていただいた。書いた当人は割りに気楽な気持だったが、まじめな大崎さんの苦境を真剣に心配して、早速、読者からご親切な仕事のオファーをいただいた。ありがたかったが、やりきる自信がなくて、悩んだ末に断腸の思いでお断りした。
 この3月でA新聞の、やりがいはあるが、かなりハードなアルバイトも終わり、B町の教育関連の仕事も、行き帰りの高速道路をぼくのオンボロ軽四で走ることに危惧を感じるようになったので、泣く泣くご辞退申し上げた。
 しかし、人のご縁とは本当に不思議でありがたいもの。思いがけないところから「セレンディピティ」がもたらされた。しかも、セラピストの育成に関わる仕事、たぶんこれが最後のお勤め、精魂をこめて幸運をもたらしてくださった皆様に恩返ししたい。
 さて、「深夜食堂」のこと。恥ずかしながらぼくは、ご当地出身の安倍夜郎さんの名作を、読んだことはおろか、知りもしなかった。
三、四年ほど前のことになるかなー、Kさんが東京から高知へ移り住む準備をしておられた頃、何度か「たんぽぽ」に立ち寄ってくださった。
 丁度、ぼくの詩集「人生の扉は一つじゃない」を制作している頃で、原稿の点検や出版社への紹介の労まで取ってくださった。
Kさんは本作りのプロだったのだが、生き方に関してはぼくと相似た嗜好をお持ちのようで、よく話が合い、ご自分が関わったぼくの好きそうな本を、来る度にお土産にくださった。あの頃はなにしろ本職のカウンセリングとアルバイトに忙しくて、読まずに積んでおいた一冊が「深夜食堂」というわけ。
 ぼくは今、主夫をしている。毎日、ワンパターン、簡素もいいところの朝食、弁当、夕食を作っている。その雰囲気が、深夜食堂で供される「きのうのカレー」や「猫まんま」と限りなく近い。
 ぼくも年に一、二度は、まあまあ上等のお弁当の出る会議などに出ることがあるが、いつもその圧倒的まずさに驚く。ぼくの、焼いた塩サバと小松菜の炒めもの、たった二品の弁当の方がはるかにうまい。世の中の、上流階級の人達はこんなまずいものをいつも食っているのか。ほんのしばしの間、優越感に浸れる。オレの人生もまんざらでもないな、と思える。これも、ぼくの「セレンディピティ」かなー。
 先日、ぼくに保温鍋をくださった方に、お礼状を書いた。この省エネ鍋は、煮物の好きなぼくには大変役に立っている。そしたら、今度は立派な圧力鍋と料理本を届けてくださった。このご厚意を無駄にしてはいけない。あこがれのポトフや、牛スジ肉とごぼうのみそ煮を作ろう。絶望老人の前途にささやかな希望をいただいた。これも、ぼくの「セレンディピティ」に違いない。
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。