10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども達の心の闇にどう向き合うか

東部ブロック主任児童委員研修会講演・レジメ      (2015.7.22 13:50~14:50)
テーマ <子ども達の心の闇にどう向き合うか>
                        たんぽぽ教育研究所 大崎博澄
子どもの世界に異変・広がる子ども達、若者達の心の闇
十代が引き起こす凄惨な事件、不登校、ひきこもり、半世紀前には無かった現象
子ども達、若者達の心の中を読みきれない私達、それを仮に「心の闇」と呼ぶ
「心の闇」という言葉をマイナスイメージで受け止めない
不登校、イジメ、非行、心の闇は人間の成長にとって必要なプロセスでもある
実は大人の世界にも同じ異変が
  大学生の不登校・中高年のひきこもり、出社拒否、ウツ症状の広がり
  育児放棄・児童虐待・高齢者への虐待・理由なき無差別殺傷事件
  いずれも、心の闇に発する社会現象、社会病理ととらえたい
背景に何があるのか
  世の中では見落とされがちだが、社会の構造の変化が一番重要な要素
  経済成長政策の選択→基幹産業が二次・三次産業にシフト→一次産業の衰退その結果
  経済格差の極端な拡大→人々の心の絆の崩壊→家庭・地域社会の教育力の低下
社会に育ててもらえなかった子ども(若者)は、社会に反逆するほかなくなる
  心の闇は、当事者個人の責任ではない、格差社会が生み出したもの
心の闇にどう向き合うか・三つの哲学
  教育の責任は家庭・学校・地域社会が等しく背負わなければならない
  子育てはお金では買えない
  人は、人との良い関係の中で健やかに育つ生き物・ここに皆様の活動の大きな意義
心の闇にどう向き合うか・子ども達が健やかに育つ三つのポイント
  豊かな生活体験が、親子の絆、人生を心豊かに生きる知恵を育む
  自然の中の遊びが、生きるための知恵、人間関係を学ぶ最善のトレーニング
  学ぶ喜びを伴った勉強だけが、つまずいた時、再び立ち上がる力、生きる力に
子ども達にどう向き合うか・その心構え
  揺るぎない信頼関係を築くことが何より大切、そのために
言葉によるコミュニケーションだけでは限界があることを認識する
自分の価値観、世間の常識で善悪の判断をしない
自己肯定感が育つような支援を心掛ける
自己開示・信頼関係を築く最後で最強の手段
まとめ
現代の子ども達が抱えている問題には必ず社会的背景があることを意識しよう
当事者との信頼関係を築くことがすべて・そのために話を聴くことに徹しよう
自分自身が心豊かに生きることを心掛ける・子ども達はその後姿を見て育つ
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。