06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
29
30
   

不登校問題の解決とは不登校を理解すること

<不登校問題の解決とは不登校を理解すること>


 先日、不登校をテーマに講演のご依頼をいただいた。
 ぼくは講演の準備に時間をかける。厳密な台本が無いとお話ができない。この台本作りに、90分の講演ならその10倍の時間がかかる。それも、一気に仕上げることはしない。必ず日を置いて、何度も何度も手を入れる。そうして考え方が少しずつ整理され、修正され、時々、進歩する。あ、ここは進歩したな、と思える時が一番嬉しい。年を取っても、まだ自分が成長していると思えることほど幸せなことは無い。
 さて、先日の不登校の講演、直前に保護者から切実な要望が入った。台本はもうできている。論旨を変えるような大幅な修正をする時間が無い。しかし要望には応えてあげたい。さすがのぼくも、少し、うろたえた。講演はそんなこともあってあまりいい出来ではなかった。
 けれど、それを契機にしてぼくの不登校観に少し進歩があった。いや、少しじゃない、コペルニクス的転回かもしれない。
それは、不登校問題の解決とは、子どもが学校に通えるようになることじゃない。親、教師、世間の人が不登校そのものを本質的に理解すること。深く深く理解すること。それが不登校問題の解決だということ。
 不登校は異常なことでも、まして悪いことでもない。たかだか、学校に行くか行かないか、それだけのこと。現在の学校に命を懸けて行く価値など無い。しかし、そのために子どもの心に深い傷を負わせているとすれば、それは回避しなければならない。そのために、不登校に対する、私達みんなの、本質的な理解が必要なのだ。
 子どもを学校に行くか行かないかで傷付けているのは、この生きづらい世の中、生きづらい学校、生きづらい家庭である。それは本人の資質、つまり個人の問題ではない。社会の問題である。治さなければならないのは本人の病気ではない。社会の病気である。
 今度機会がいただけたら、そんな話をしたい。しかし、こんな考えを公にするぼくにはもう、不登校を語る機会は来ないだろう。それでも、ぼくは真実を語らねばならない。
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード