08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ものわすれ

<ものわすれ>

 ぼくが今、一番嬉しいと思う時は、講演の台本を作っていて、あれ、自分の考え方が以前より進歩しているな、考え方が深まったな、と感じる時。この年になっても、まだ脳味噌が進化している、人間として成長している、と思えることほど大きな幸せはない。ぼくもまだまだ捨てたもんじゃない。もうしばらくがんばろう。そんな勇気が湧いて来る。
 とは言うものの、ものわすれは間違いなくひどくなった。人の名前を忘れる。物の名前も忘れる。ピーマンやアスパラガスが出て来ない。何より申し訳ないのは、沢山の人から、沢山の物をいただくのに、いただいた人の名前を忘れること。
 先日のたんぽぽ教育文化賞受賞者交流会では、銘酒「南」を頂戴したのに、お客様に出すのを忘れ、家で自分で飲んでしまったが、さて、誰がくださったのか、なんとしても思い出せない。お菓子もそう。本もそう。現金のご寄付は、これは帳簿に付けるので忘れない。現金なものだ。
 今日の昼休み、久し振りに「ペコロスの母に会いに行く」を読んで、ふふふと笑ったが、さて、この本を下さったのは誰だったか、なんとしても思い出せない。
 昨日は、恒例の年末コンサートのご案内メールを出していて、以前、鉢植えを下さった方に初めての花が咲いたご報告をしたのだが、花の名前がなんとしても出て来ない。
 今朝、思い出した。咲いたのは沈丁花、白い小さな花が、温かい窓際で今頃咲いた。鼻を近づけるといい香りがする。
 「南」を下さった方、「沈丁花」を下さった方、名前を忘れても、いただいたご厚意は忘れません。お許しください。
 ちなみに、年末コンサートは12月27日午後4時から、場所はカプリース、大崎渾身のギャグトークとグレイグースの心温まる演奏があります。
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード