11
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

T先生へ

<T先生>

 温かいお手紙をありがとうございました。
 小著「生きることの意味」お読みいただいて大変嬉しいです。
拙い書き物を、こんな風に読んでくださる方は滅多にいませんので、ひとしお喜びがこみあげます。ありがとうございました。

 Mくんは、“たんぽぽ”によく遊びに来てくれます。その時、「すろー」さんのお噂をしばしばお聴きします。
一度お伺いしたいと思いつつ、いい年をして生来の恥ずかしがり、引っ込み思案で、近くなのになかなか出かける勇気が湧きませんでしたが、先生が10月頃は復帰されるとお聴きしましたので、その頃には、きっとお訪ねします。

 現代の子ども達、若者達は、とても生きにくい、育ちにくい時代に生まれ合わせたのではないか、その責任は私達大人の生き方にあるのではないか、これがぼくの問題意識の要約です。
 そこを少しでも変えていけるものなら変えていきたい、そうすることで子ども達、若者達にささやかな償いをしたい、そんな思いで、“たんぽぽ”の活動や執筆活動を細々と続けています。

 先生が、ぼくの講演記録「斉藤裕子先生のすごみ」に共感してくださったことは、大変思いがけないことでした。
ぼくが何の遠慮もなく、一番大胆に本音を語っている講演だからです。
 そのことが、とても嬉しいです。感謝です。

 Mくんから、ご病気療養中とお聴きしました。どうぞお大事になさってくださいね。そして、秋には、「すろー」で再会したいと思います。

 ぼくは、二人の子どもが不治の病で、貧乏していますが、心のポケットに人の貯金をしています。素敵な人に出会うことができたら、その人をそっと心のポケットにしまっておくのです。
 淋しい時、困った時にこのポケットをのぞきます。すると、勇気や希望がいただけます。いくら引き出しても減らない貯金です。
先生もポケットにしまわせていただきます。ありがとうございます。

 暑さもそろそろ峠を越えてくれると思います。いい季節がやがて来ます。
 一日も早いご快復を心よりお祈りしています。

                  8月18日 大崎拝
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード