11
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

問題を解決するとは、問題を理解すること

野いちごの場所で・31・<問題を解決するとは、問題を理解すること>(季刊高知No.59掲載)
                          大 崎 博 澄
 ある小学校から、不登校をテーマにした講演のご依頼をいただいた。不登校の鬼、と自称するぼくのこと、不登校については、ぼくでなければ語れないことがいくつかある。だから、不登校についてお話する機会をいただくと、とても心が高ぶる。
 ところが、ぼくは講演の準備に時間がかかるんだなー。どんなに自分の語りたいことがあふれていても、厳密な台本を作らないと人前でお話ができない。これはよく言えば聴いてくださる皆様に対する誠実、わるく言えば、ぼくの頭が、自分で思っているほどにはよくないということ。
 講演の台本作りに、90分の講演ならその10倍の時間をかける。それも、一気に仕上げることはしない。必ず日にち、時間を置いて、何度も何度も手を入れ、少しずつ少しずつ仕上げる。そうするとお話が次第に論理的に整理され、間違いが修正され、時々ひょいと、考え方が進歩する。
 あ、ここは進歩したな、と思える瞬間がぼくの一番嬉しい時。年を取っても、まだ自分が成長している、自分の脳味噌が進化していると思えることほど幸せなことは無い。
 さて、その小学校の講演、直前に不登校のお子さんを持つ保護者さんから切実な要望が届いた。ぼくがその要望の真意を理解するのに少し手間取った。台本はもう完成している。話の筋道を変えるような大幅な修正をする時間が無い。要望にはできる限り応えてあげたい。少しうろたえた。そんなこともあって講演はあまりいい出来ではなかった。
 けれど、それを契機に、ぼくの不登校観に少し進歩があった。いやいや、これは少しじゃない。コペルニクス的転回と言うべきかもしれない。
 それは、不登校問題の解決とは、子どもが学校に通えるようになることじゃない。親、教師、世間の人が不登校を本質的に理解すること。私達が不登校の本質を理解すること、それこそが不登校問題の解決だという考え方に達したこと。
 問題を理解することが問題を解決することよりも大事。問題を理解することこそが根本的な問題解決に至る唯一の道。
 ぼくは不登校の子を持つ親として、過去には教育行政に関わる者の一員として、現在はカウンセラーとして、不登校問題を考え続けて来た。かれこれ三十年近くになるかなー。
 人生の時間の大半を費やして辿り着いたことが、たかだかそれだけかと言われれば返す言葉も無いが、ぼくにとっては、我が子の不登校に対する周囲の理解をひたすら願う母親の言葉が気付かせてくれた、これはとてもとても大きな一歩だ。
 非行、いじめ、学力問題、学級・学校崩壊、教育課題は山積している。解決の目処はまったく立たない。いじめ対策、学力対策など、個別の対策といったものは講じられているが、問題の核心を理解していないから、成果は一向にあがらない。この国の教育は暗闇の中をさまよっていると言うほかない。その被害はすべての子ども達に及ぶ。
 思考回路を変えなければならないと思う。それぞれの課題に対する本質的な理解、問題の核心をつかむことが、問題解決そのものよりも大事だということ。
 すべての教育課題の背景には、親と子の問題があり、生徒と教師の問題があり、子どもと地域社会のおんちゃんおばちゃんとの関係の問題がある。その絆のどれかがちぎれていても、どれかがつながっていれば、子どもに致命傷は与えないで済む。子どもとの絆を誰かが何処かでつなぐことが重要だ。それぞれの子どもの生育環境全体に対する深い理解があってこそ、それが可能となる。そこから、問題の根本的解決への展望が開ける。
 非行も、終わり無き悲劇が続くいじめも同じ。問題が表面化すると、隠蔽に必死になる関係者はたくさんいるが、問題の核心を理解しようとする関係者はほとんどいない。非行やいじめは、仲間を大切にするという価値観を最上位に置く学級づくり以外に根本解決の道は無い。
 学力そのもののとらえ方を根本的に間違えるという悲喜劇を抱えているこの国の学力問題もまったく同じ。子どもが社会的自立を果たしていくためにはどんな力が必要か、どんな学びがそれをもたらすのか、一番大切な、学力の本質から理解を積み上げる論議は、残念ながらこの国の何処にも無い。
 <問題を解決するとは、問題を理解すること>というテーゼを、人生をどう生きるか、ということに敷衍すればどうなるか。思いがけないことだが、ぼく達がそれぞれの生き方を考える上で一番大切なことに行き当たる。
 人間は社会的動物である。群れを作り、群れの中でよくもわるくも助け合いながら生きるしかない生き物。独りで生きることはできない。群れの中で安心して生きるための最大の問題は人との関係。
 “たんぽぽ”で日々お聴きする悩みの多くが、人間関係の難しさに行き着く。それを解決する唯一の糸口は、自分と他者を深く深く理解すること。そこから自分を知る、自分を許す、自分を肯定する道を見つけること。自分を許すことができれば、他者を許すこともできるようになる。
 不登校に話を戻そう。不登校を理解するとはどういうことか。
不登校は異常なことでも、まして悪いことでもない。たかだか、学校に行くか行かないか、それだけのこと。現在の学校に命を懸けて行く価値など無い。
 しかし、そのために子どもの心に深い傷を負わせるとすれば、それは回避しなければならない。そのために、不登校に対する、私達みんなの、本質的な理解が必要なのだ。
 子どもを学校に行くか行かないかで傷付けているのは、この生きづらい世の中、生きづらい学校、生きづらい家庭である。それは本人の資質、つまり個人の問題ではない。社会の問題である。したがって、治さなければならないのは本人の病気ではない。競争、格差、差別などという、現代社会が罹っている病気である。
 今度機会がいただけたら、そんな話をしたい。しかし、こんな不遜な考えを公にするぼくにはもう、不登校を語る機会は来ないだろう。それでも、人は知らず、ぼくは真実を語らなければならない。前号に引き続き、オレは馬鹿だなー、とつくづく思う。
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード