05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中3男子自殺

<県中央部の中3男子自殺>
 3月31日付け高知新聞の報道、胸の中を暗澹たる思いが交錯する。自ら命を絶った少年の無念の思い、声にならない抗議の声が、何処にも、誰にも届かないことが哀しい。ぼくにはなす術が無いが、せめて今、同じような情況に置かれている多くの子ども達、親達に伝えたい。
 学校は、命を懸けてまで行かなければならない場所ではないよ。弱肉強食を許す競争社会、およそ教育とはかけ離れた監視や管理、人権侵害が公然と行われている現在の学校になじむことができない子どもがいるのは当たり前。そんな所に命を懸けてまで通う価値は無い。私達には学校の現状を改善する知恵も力も無い。であれば、道はただ一つ、お休みするしかない。心安んじてお休みしよう。勉強は本来、教えられてするものではない。したければ、自分でしたらいい。その方法はいくらでもある。ぼくはそうして生きて来た。
 いじめ自殺、繰り返される悲劇の度に思う事がある。
 弁護士や精神科医、臨床心理士ら6人で構成された「調査専門委員会」は、自ら命を絶つほかなかった少年の気持に寄り添った事実関係の調査、考察をしただろうか。調査において一番大事なキモはそこ。客観的立場、中立公正と言いながら、責任回避に躍起の官僚のリードにやすやすと乗せられていはしなかったか。調査委が認定した事実からも明白に、いじめの実態は浮かび上がっている。被害者の立場に立てない人に調査専門委員を務める資格は無い。
 世の中も、学校関係者も、保護者も、学校は行かなければならない所と思いこんでいないだろうか。すべての子どもに、楽しく学ぶ環境を求める権利がある。しかし、人の心を傷付ける場所に無理して通わなければならない義務は無い。私達はその、肝心かなめのところを勘違いしていないだろうか。
 教育の荒廃は、私達が気付かない間に、もう行き着く所まで行き着いている。被害者は子ども達だ。子ども達の命を懸けた抗議の声に、せめて自分を振り返ることのできる大人でありたい。
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。