05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若い友の死を悼む

<若い友の死を悼む>

 昨日の夕方、たんぽぽを訪ねてくださったお客様から、Sさんが急逝されたことを知らされた。Sさんには時々、たんぽぽのお留守番をお願いしていた。今度の金曜日も頼んでいたのだが、ほんの数日前、都合で行けませんというお電話をいただいたばかり。大丈夫ですよ、またお願いしますね、こちらは元気よく応答したけれど、思えば少し元気の無いお声だったなー。
 若い女性が、重い障害を背負って一人で生活してゆくことは大変なこと。Sさんは愚痴もこぼさず、積極的に色々な場所や人に関わり、明るくがんばっておられた。
 たんぽぽの留守番に来てくださった時、美味しいコーヒーを淹れましょう、と言うといつも「やったー」という嬉しい言葉を返してくださった。
 今朝は一人分のコーヒーを淹れ、かけがえのない若い友の死を悼む。
 Sさん、もう君は一人ではないからね。ぼくの胸の中に住んでいるからね。じいさんもおいおいそちらへ行くからね。
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。