11
1
2
3
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

ロシナンテの朝

<ロシナンテの朝>

 自動車を棄てて一ヶ月経った。お天気が気になる。気持のいい青空の見える朝は心楽しい。自転車は風を切って気持ちよく走る。騒音をたてない。排気ガスも出さない。場所もとらない。足腰の鍛錬になる。晴れた日にタンポポに通う朝は至福の時。自転車は人間の発明した文明の利器の中で唯一、自然の摂理に適うものではないかと思う。
もっとも、ぼくの住まいは近くにスーパーがなく、買い物が大変。土日は一週間分の買い物リストを用意して、万々のサニーマートへ、駅の向うのサンシャインへ、毎日屋愛宕店へ、COOP吉田へ、お菓子の材料のマルコへ、大汗かいて二往復、三往復。
 自転車に乗って分かることだが、街中の道にもかなりのアップダウンがある。急な登り坂にかかると、荒れた山道を三里、毎日自転車で往復した半世紀前の高校生時代が蘇る。まだまだオレは若い、なんだ坂こんな坂、気合が入る。
 さて、収支決算。雨の日の電車賃、タクシー代、カウンセラーの先生の所へ伺う時はレンタカーも使う。お金が飛んで行く。ガソリン代、駐車場の使用料、修理代、税金は要らなくなった。まあとんとんか。環境負荷が少なくなった分だけ、未来世代にお返しできていると考えよう。足腰の鍛錬は健康にプラスするだろう。
 想定外の難儀は、ぼくの古い自転車、今朝は一ヶ月で二度目のパンク。帰りに県庁前の修理屋さんまで押して行くしかない。そうだ。十年ほど前まで、南はりまや町で古書店、タンポポ書店を経営していた我が愛する詩人片岡千歳さんの愛車にあやかって、君をロシナンテと命名しよう。ロシナンテ、大事に乗るからね、あまり度々パンクしないでね。
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード