07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

野いちごの場所で・36・“たんぽぽ”に風そよぐ

野いちごの場所で・36・“たんぽぽ”に風そよぐ

                           大 崎 博 澄

 Aさんは電話口でいつも、今、お客さんはいませんか、と聞いてくれる。今、お客さんがいます、こちらからかけるからね、と言うと、いつまでも待ってくれる。
ぼくの多忙と物忘れで、待たせて、待たせっ放しにしたことが一、二度ある。二度目には、これで終ったかな、と胸が痛んだが、翌朝お詫びの電話をしたら、なんのこだわりもなく許してくれた。
 Bさんは自分を深く傷付けた高名な偉い人との葛藤を、誰も分かってくれない口惜しさを繰り返しぶつけて来られる。高名な偉い人が本当はちっとも偉くない、人を平気で傷つけるひどい奴だということを、ぼくはようく分かっているからね。世の中の人、誰もかれもに分かってもらうことは難しいけれど、一人でも理解してくれる人がいれば、人は生きていけるよ。ぼくもそうだよ。断言してあげると、納得してくれる。
 Cさんは友達が欲しくて欲しくてたまらない。一緒に飲みに行きたいけれど誰も誘ってくれない。自分にひどいことを言った教師を首にしてしまいたい。親元を離れて独りで暮らしたい。もっともっと人と交わりたいけれど、何処へ行ってもうまくいかない。
自分で少しずつ準備する努力ができれば、どの問題も解決できる。自分で少しずつ、ということができないのが障害のつらさ。Cさんの訴えは、ぼくにはどうしてあげることもできない。未熟で愚かなカウンセラーは、おろおろ立ち往生。
 Dさんはお仕事の大変さ、到底解決できそうもない難題を抱えて遠くの町からやって来る。その悩みを一時間、二時間、一気に話し続ける。とびきり頭がいい人だから、話しているうちに、やるべきこと、進むべき道をご自分で探り当てる。ぼくの出番は無い。
手編みの温かい首巻をいただいた。寒い朝晩、それを首に巻くのがぼくの出番。
 Eさんはキャリアを積んだ立派な教育者、ぼくをはるかにしのぐご高齢だが、遠い道を自転車で来てくださる。最近、A4二十枚に余るレポートをまとめられた。読んで感想を聞かせて欲しいとのこと。老いを感じさせないその情熱がすごい。
レポートの内容はさらにすごかった。拝読して驚嘆、感動した。ぼく、不登校の鬼が永年追究してきた不登校を生み出さない学校づくり、イジメ、非行、学力、自己肯定感、現代の教育が直面している抜き差しならない問題を解決する道筋が、自らの実践を踏まえて、とつとつと、具体的に書きこまれている。ぼくが長い時間をかけて机上で夢想してきたことが、より高いレベルで、確かな実践で裏づけられている。
 正直に言えば、ぼくはいつも、ひそかに自分の老いを恥じていた。それこそ、恥ずべきことだったなー。このお歳で、こんな熱い志を持ち、シャープな頭脳を維持発展させている人がいる。しかもその思想が、現代の教育の行き詰まり、多くの苦しんでいる子ども達を救う力を持っている。Eさんとぼくの教育論の合作、これは他日を期して公にしたい。
 Fさんは自家製の野菜や果物、道々摘んだ野の花を抱えて訪ねてくださる。ぼくの書くものや、語る言葉を、その真価以上に高めて受け止めてくださるありがたい読者、聞き手。Fさんは、ぼくの詩集を読んで人生が変わったと言ってくださるが、人生を変えていただいたのは、どうやら、ぼくの方みたい。Fさんに会う度に、ぼくは自分の未熟さがよく分かるもの。もう一つ、二つ、いい詩を書きたいという希望が湧いてくるもの。
 Gさんはいつも、お友達を誘って“たんぽぽ”に花を生けに来てくださる。ぼくはお客様のお名前もお住まいも聞かないことを原則にしているので、Gさんのことも何も知らない。Gさんも寡黙な方で何も語られない。遠慮がちでやさしい笑顔で花を生けるだけ。もうずいぶん長い間、花を飾ってくださっている。近頃は我が子のためにも、小さなお花を別に用意してくださる。
先日、めずらしく心の余裕がある日があったので、コーヒーを飲んでいただいた。お連れの方が涙をほろほろ流しながらお話されるのに引き込まれて、ぼくもめずらしく、心のポケットの話をした。指を折ると、五十人、百人でもきかない数の素敵な人がぼくのここに入っていますよ。Gさんもそのお一人ですよ。そのおかげで孤独を恐れずに生きていけます。
 Hさんは“たんぽぽ”に来たことがある、向かい合ってお話をしたことがある、そんな気がするのだが、老いとは哀しいもの、記憶が定かでない。記憶違いかもしれない。しかし、この若者の印象はぼくにとって鮮烈。一ヶ月に一回、彼の書くものを読む機会がある。極限の情況に置かれた人が何を考え、どう生きるか、根源に触れる言葉にいつも触発される。
今の世に、ぼくよりすごいものを書く人がいるとすればHさんだなー、とてもかなわんなー、と思う。え、ぬけぬけとそんなことを、人をほめるついでにまたまた自画自賛を、と思われますか。誰もほめてくれんのでつい、これがぼくの地金です。
 Iさんは猛烈に忙しい方だが、時折、三リットル入りの美味しいワインを持って来てくださる。先日は「風の家プロジェクト」のお話をしてくれた。郊外の田園にカフェやホールを併設したグループホームを創る。高齢者も障害者も分け隔てなく入居できるホームになるだろう。ホールには音楽の好きな人が集まるだろう。ぼくはカフェのマスターに予定されている。これは死ぬまでに一度はやってみたかった仕事。ぼくは大乗り気である。白いシャツに黒い蝶ネクタイでカウンターに立ちたい。コーヒーをたてる腕を磨かねばならない。
 Jさんは美味しい和菓子をたずさえて、いつも遠慮がちに訪ねてくださる。コーヒーを飲みながら、この世知辛い世の中を生きる切なさを語り合う。お見送りする時、辛抱して頑張ろうね、ぼくは声にならない声を、Jさんの後姿にも自分にもかけている。
 Kさんは、ぼくの人生の夢を実現してくれた大恩人。この歳になっても、ぼくは生き方に迷うことがある。そんな時はKさんにメールする。直ちに、ぼくの想像をはるかに超える、峻烈で明快なアドバイスが返って来る。目が覚める。奮い立つ。
 Lさんは、ぼく達親子を支えてくれる、人生で一番大切な人。いつも大きな励ましをいただいている。Kさんにも、Lさんにも、恩返しする術が無いことが心残り。申し訳ない。
 “たんぽぽ”にはいつも、素敵な人が集い、さわやかな三月の風がそよいでいる。
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード