08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

まぜこぜやないとあかん

コラム・たんぽぽ野原 No.11 <“まぜこぜ”やないとあかん>


 先日の高知新聞「声ひろば」に、中澤社長さんの投書が載りました。桂浜の龍馬像のそばに維新の志士の銅像のレプリカを並べるという計画を機に巻き起こった県民の皆さんの大論争に事よせて、相変わらず続いている公立高校の「定員内不合格」を、鋭くやわらかく批判する内容でした。ああ、社長さんがこんなにも、私達の想いを理解してくださっている、ほんとに嬉しく心強い投書でした。
 「定員内不合格」というのは役所言葉ですが、簡単に言うと、公立高校の入学定員に空きがあって、入学を希望する人がいても、その人の入学を認めない、という事です。現在の制度では、高校は義務教育ではなく、学力検査や面接によって、入学を許可するかしないかの判断をする権限は高校にありますので、一見すれば法律違反ではありません。
 しかし、高校教育制度ができた頃と違って、近年の高校進学率は90%を越えています。さらに、公立高校は国民の税金で運営されています。日本国憲法には、すべての子ども達に教育を受ける権利が等しく保障されています。
成績がよくない、面接で声が出ない、そんな理由で入学希望者を落としてよいのか。特に、中学校で不登校だった子ども達が、極度の緊張のあまりテストや作文に何も書けない、面接で何も言えないということは、当然想定されることです。
教育委員会に勤務している頃から、定員内不合格を出すことは許されない、不登校やしょう害のある子ども達に配慮して欲しい、このことを高校現場に強く働きかけて来ました。そのため、私は高校現場にはすこぶる不評で、ネット上に「疫病神」などと書かれたこともあります。
私がこの問題にこだわるのは、様々なハンディキャップを背負わされた子ども達だけのためではありません。高校全体が、その教育水準を質的に高めなければならないという時代だからでもあります。これは全ての高校生の問題なのです。ついて来れない生徒、心が折れた生徒は捨てて行く、という現在のやり方では、高校教育はいつまで経っても、心の温かい人間を育てる場にはなりません。
どうすれば、高校教育は点数を追うだけでなく、豊かな人間性を育むものに変われるか。
神戸市立楠高校の牧秀一先生がこういう事をおっしゃっています。「学校も社会も、障がい者と健常者が“まぜこぜ”やないとあかんのですわ」。
とても深い言葉です。21世紀という時代は、環境問題にしても、資源や食糧の問題にしても、生きる事がとても困難な時代です。競争する事では誰も生き残れない。助け合う事でのみ、人類は生き残れる。そういう時代です。
こういう時代の教育は、ひとり一人の違いを認め合い、助け合って学ぶ事でなければなりません。これからの教育は、まぜこぜでなければ成り立たないのです。
私にこういう文章を書かせるきっかけを作ってくれたダウン症のSくんは、今、私立高校で元気に学んでいます。彼の元気が、私達の希望です。
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード