08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

第二回たんぽぽ教育文化賞!!

決定!!第2回 たんぽぽ教育文化賞――11個人・団体


<幡多算数教育研究会さま>
「皆様のおかげで子ども達が算数大好きになるで賞」
算数は多くの子ども達が、難しいなー、嫌だなー、と思っている教科ですね。
皆様は、そういう算数を子ども達に分かりやすく、楽しく学ぶことができる教科にするために、永年にわたって、自分の時間と自分のお金を使って、自主的に算数教育のあり方を工夫研究して来られました。
皆様のこのご努力は、算数が分からなくて困っている多くの子ども達を救い、勉強する喜びを心に刻んでくれたことでしょう。
皆様の教育にかけるご熱意、継続する力に心よりの感謝と敬意を込めて、
「皆様のおかげで子ども達が算数大好きになるで賞」を贈ります。

<小松保子さま>
「子ども達に朝の読書の喜びを届けてくれましたで賞」
今、高知県の小中高校の8割が「朝の読書」に取組んでいます。
そのおかげで、落ち着いて一日の学習に入れる、読書が好きになった、物事を深く考えるようになった、学ぶ意欲が育ってきたなど、様々な成果があがっています。
読書が人間形成に大きな力を持っていることを信ずる小松さんは、子ども達、若者達、大人達の読書離れが進む時代の流れを憂い、1998年から、朝の読書の普及活動に、たったひとりで取り組み、県内はもとより四国中を走り回り、今日の、朝の読書の普及隆盛の原動力となってくださいました。
小松さんの情熱、ご人徳、子ども達の健やかな成長以外何も見返りを求めない一途な思いが成し遂げた成果に心よりの感謝と敬意を込めて、
「子ども達に朝の読書の喜びを届けてくれましたで賞」を贈ります。

<矢野 修さま>
「温かい人間教育に生涯をささげましたで賞」
矢野先生は、永年高知県内の公立中学校教員として、人間の温かさ、仲間の大切さを教える人間教育の実践に献身されました。
特に、大規模困難校に勤務した10年間は、生徒の自主性を大切にする姿勢を大切にしながら、24時間労苦をいとわず、汗と涙で学校再生に取り組みました。
退職後も、高知大学講師として教職を志す学生の指導にあたり、子ども達を大切にする学級経営や教科指導により、志の高い学生を数多く育てました。
また、高齢になられた現在も、知的障害のある子ども達のスポーツ活動の振興、不登校児童生徒の個別支援、厳しい生活環境に置かれている子ども達の学習指導などに、献身的に尽力されていることに心よりの感謝と敬意を込めて、
「温かい人間教育に生涯を捧げましたで賞」を贈ります。

<竹倉美智さま>
「子ども達にはじける笑顔を贈り続けてくれましたで賞」
竹倉さんはとにかく子ども達が大好き、子ども達の笑顔が大好き、そのためならなんでもやるバイタリティにあふれています。
地域の学校での絵本の読み聞かせ、幼稚園の未就園児のための園庭開放のお手伝い、夏休みのラジオ体操、森田村塾での不登校児童生徒の支援活動、香南市のスクールソーシャルワーカーとして様々な困難を抱える子ども達や家庭への支援など、子ども達に笑顔を届ける活動に、毎日駆け回っておられます。
今日も明日も絶えることのないあなたの笑顔が、子ども達の笑顔を育んでいることに心よりの感謝と敬意を込めて、
「子ども達にはじける笑顔を贈り続けてくれましたで賞」を贈ります。

<高知掃除に学ぶ会>
「トイレを磨いてみんなの心も磨きましたで賞」
皆様は1999年から、学校や公共施設の徹底したトイレ掃除に、児童生徒や市民の皆様に広く参加してもらう活動に取組まれ、本年9月までで171回、延べ2万人近い方々に、人のいやがる汚れと向き合う作業を通じて、「社会に奉仕する喜び」「効率的な作業の段取り」「爽快感や達成感」「新たな自分自身の発見」など、様々な感動体験の機会を与えてくださいました。
特に事務局をあずかる皆様の熱心な働きかけ、入念なご準備、適切なコーディネートがあればこそ、この取組みはイベント的活動から教育的な活動にまで継続発展することができたものと思います。
皆様の、子ども達の健やかな成長を願い、人々の心を磨く熱い志と粘り強い活動の継続に心よりの感謝と敬意を込めて、
「トイレを磨いてみんなの心も磨きましたで賞」を贈ります。

<西土佐地域心身障害児(者)を守る会さま>
「障害者・高齢者・地域住民、みんなの心がぴーすになるで賞」
皆様は、ともすれば地域との交流の機会が少なかった身体、知的、精神の障害のある人達が、地域の中で心豊かに暮らせるように、働く、学ぶ、集う、送るを合言葉に、遊休農地を活用して農作物を生産販売するなどして働く、幅広いテーマで学び合う、地域の誰もが分け隔てなく集い、楽しみ、支え合う交流の場を創る活動に取り組んでいます。
みんなの思いはひとつ、ぴーすに集う一人ひとりの夢が実現すること。
過疎化や高齢化が急激に進む高知の山村で、人々が助け合って楽しく生きて行くために、その先駆けとなる活動に取り組んでいる皆様に心よりの感謝と敬意を込めて、
「障害者・高齢者・地域住民、みんなの心がぴーすになるで賞」を贈ります。

<呉(オ)静(チョン)恵(ヘ)さま>
「いつも一生懸命人の心をあたためてくれているで賞」
いやーもう、困ってる人、悩んでる人に対する静恵さんの一生懸命の励まし、体当たりの行動力に脱帽です。
厳しい生活環境に置かれている子ども達、学校に行けない子ども達、ひきこもる若者達への、無条件の献身に頭が下がります。
チャイルドラインこうちや、私設の「ミレ・サポートルーム」、家庭教育サポーターとしての幅広い支援活動に感謝です。
これからも、在日コリアン三世としての生い立ち、生活体験を踏まえて、人権や命の大切さ、人の心のぬくもりを語り続けてくださいね。
土佐のマザーテレサに心よりの感謝と敬意を込めて、
「いつも一生懸命人の心を温めてくれているで賞」を贈ります。

<下元直哉さま>
「支えを必要とする子ども達、若者達のために地道に歩んでいますで賞」
先生は、学校に行きたくない、勉強したくない子ども達の気持ちに寄り添いながら、彼らが前向きに歩きだすきっかけづくりをこつこつと手伝ってこられました。
永年にわたり、ニートやひきこもりの若者とのメール相談、支援活動にも、自分の価値、自分の存在意義に気付き、自分で自分の心を耕していくサポートを大切にしながら、取り組んでこられました。
悩みを抱えた子ども達、若者達を支えるこれまでの地道なお取り組みに心からの感謝と敬意を込め、満を持して開設された「フリースクールあさひ」のご発展をお祈りし、
「支えを必要とする子ども達、若者達のために地道に歩んでいますで賞」を贈ります。

<一ツ橋小学校読み聞かせ「モモの会」「図書ボランティアの会」さま>
「本が大好きな子ども達を育ててくれましたで賞」
素敵に演出された図書室がある学校は、子ども達を大切にする学校です。
たくさん本を読む子ども達は、社会を支える勇気とやさしさを備えた人に育ちます。
皆様は、一ツ橋小学校をそんな学校に育てあげるために大きな力を貸してくださいました。
学校は、地域の人々が守り育てるものであることを、温かい実践で示してくださいました。
皆様の、永年にわたる温かい気持ちを込めた読み聞かせや図書室の環境整備、読書の楽しさを広げるイベント活動に心よりの感謝と敬意を込めて、
「本が大好きな子ども達を育ててくれましたで賞」を贈ります。

<キリン館さま>
「車椅子の本屋さん、楽しい授業をありがとうで賞」
キリン館は、重度の障害者で車椅子生活をおくる岡田哲郎さんが、1981年に宿毛市に開店、多くの子ども達に夢のある本を手渡すとともに、子ども達に楽しい授業をと願う志を持つ教師達を支え励ます教育文化活動の拠点としての役割も果たして来られました。
学ぶことは本来、子ども達にとってわくわくどきどき楽しいことでなければならないという仮説実験授業の哲学を踏まえて、子ども達や教師のための様々な学習会、講演会、合宿などを展開、子ども達に楽しい授業を体験してもらい、数多くの若い教師達を育て、悩める教師達を支え励まして来られました。
三十年間本当にご苦労様、心よりの感謝と敬意を込めて、
「車椅子の本屋さん、楽しい授業をありがとうで賞」を贈ります。

<三浦小学校六年生一同さま>
「ハッピークリエイター賞」
地元の大先輩達に勇気と笑顔を送ろうという皆様のプランには、大きな夢がありますね。
花も嵐も踏み越えて長い人生を生きて来た地域の高齢者の皆様は、沢山の知識や経験を持っています。
そういう地域の先輩の皆様を大切にし、温かい交流の輪を広げ、そこから豊かな人生経験を学んでしっかり心に刷り込むことこそ、未来を開く生きた勉強ですね。
三浦ハッピーズの活動が、大きな幸せの実を結ぶことを信じて、
「ハッピークリエイター賞」を贈ります。
スポンサーサイト
Secre

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード