10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマドコロの花言葉

野いちごの場所で・35・アマドコロの花言葉

 現役の頃、同僚や知人から「大崎さんは打たれ強いね」とよく言われた。
 これはとんでもない美しい誤解。あるいは万事に要領がわるいぼくに対する体裁のよい同情。
 ぼくは家庭も仕事も共に、打たれる、打ちのめされる場面が多い人生だった。子どもの時から晩年に至るまで、満遍なく痛い目に遭い通し。いじめられもしたし、よくお叱りを受ける破目にもなった。とりあえず今日はなんとかなっているが、明日はどうなるか分からない。現在もそんな薄氷を踏む生活が続いている。
 ぼくは、並外れて肝っ玉が小さい。権力に弱い。腕力は子どもの頃から、からっきしダメ。
 加えて、品のない強意の接頭語がつくほど真面目。自分で言うのもなんだが正直。愚直。
 その結果、人生はほとんど打たれっ放し。それでも死ぬ勇気も無いから、ふらふら、ひょろひょろでも、生き延びざるを得なかったということ。これは、打たれ強い、というのとはかなり意味合いが違うだろうと思う。
 ただ、ふらふら、ひょろひょろ生き延びるために、自然に身に付いた知恵、自分のための支えはみたいなものはいくつかある。これは、もしかしたら、人生の入り口で、要領のわるさ、不器用さゆえに踏み迷う人達のお役に少しは立つかもしれない。
 
 自分は自分、人の行く方には行かん、という自分の生き方の原則を持つ。
 家は極貧、着るものも食べるものも満足に無い。そのため、ぼくは子どもの頃から劣等感のかたまりだったけれど、なぜかこの生き方の原則にだけは根拠の無い自信を持っていた。世間に流されないで自分は自分の道を進む、という強い自負があった。
 そうだな、そんなに勇ましく、かっこいいものでもなかったけれど、そんな風にでも考えないと、悲惨な自分の境遇を受け容れて立つ瀬が無かったのだろうと思う。
 オレはいつか革命家になる、オレはいつかひとかどの詩人になる、オレは人と違う人生を生きるんだ、いつも自分にそう言い聞かせていた。

  晴れの日でなく、雨嵐の日の友を持つ。
 ぼくはいつも薄暗い家の中でひとりで遊んでいる子どもだった。誰かが誘ってくれれば友達と遊びに行く、ということもたまにはあったが、引っ込み思案で気が弱い。自分から友達を誘ったり、外に遊びに出かけて行くことはなかった。大人になってもこのスタイルは基本的には変わらない。
 ぼくには数多くの友達はいない。人間嫌いというわけではない。むしろ人間が好き。素敵な生き方をしている人をいつも捜し求めている。まれにはファンレターも書く。勇気を出してアタックすることもある。しかし、総じて交友には淡白。去る人を追わない。
闘いに敗れた時、人生に疲れた時、嵐の荒野を独り歩く時、ぼくを忘れないでいてくれる友達がほんの少しいれば、人生はそれで十分。ぼくにはまだあの人が残っちょる、と思えると、人は独りでも生きていける。

 低空飛行の人生でも、志だけは高く持つ。
 ぼくの志は、小さな弱い人を守ること、困っている人を助けること、人の心の痛みに想いを寄せること、人を分け隔てしないこと。
 人生のあらゆる場面で、そんな風に生きられるわけではない。ぼくは小さな弱い人を守れなかった後悔の方が大きい人生を過ごしている。“たんぽぽ”には困っている人がたくさん来られるが、ぼくが助けになるケースは多くはない。人の心の痛みに気付いてあげられないことも多い。人を分け隔てしないと言いながら、自分の心の奥にある差別性に慄然とすることもしばしば。
 それでも、困っている人を助ける、という気持で日々を生きていると、不思議なことに、困っている自分を助けてくれる人が必ず現われる。そんな奇跡が本当に起きる。思えば冷や汗が出るような綱渡りの人生だけれど、ぼくはいつも、そんな奇跡に救われている。

 ささやかなものを愛する。
 円満橋の下を流れる汚れた江の口川を懸命に遡上するボラ。裁判所前の歩道の隅で、からくも生き残っている野生のスミレ。幡多倉公園のクヌギや南京ハゼの木立から時折聞こえる甲高いヒヨの声。
 そんなものを振り向く人は誰もいないけれど、ぼくは振り向く。振り向けば、けなげに生きている小さな彼らが大きな勇気をくれる。

 大事な場面で、ぼくが打たれ弱いために大きな禍根を残し続けた人生だった。子どもにも家族にも、取り返しのつかない大きな心の傷を与えた。仕事の上の失敗でも、多くの人に迷惑をかけた。責任の取りようも無い。
 しかし、ぼくの場合はこうするほかなかった。そのゆえに分かる人様の心の痛みというものもある。打たれ弱く生きたおかげで、ぼくは“たんぽぽ”にたどり着くことができたとも言える。
 竜平くんからお手紙をいただいた。
 <アマドコロというユリ科の花があるそうです。見た目は、スズランのようです。その花言葉は“心の痛みのわかる人”だそうです。今日はそのことを、お知らせしたくて手紙を書きました>
 今日の“たんぽぽ”の空はなんという青さ。これ以上、何を求めることがあるだろう。

下田つきゆびの脳内観察日記2016年12月

下田つきゆびの脳内観察日記
(30ヶ月目)2016年12月
正論

「働かなきゃ生きていけないよ?仕事をしないでこの先どうするの?親が死んだあとどうするの?」
「職歴も無いまま、~~歳越えたら仕事なんてないよ?」
「辛くてもさ、学校へ行っとかないと後々大変だよ?」
うん、正論。どうしようもないほどに正論。
でもさ、子どもを傷つける正論なんて捨てちまえよ。
子どもの尊厳を、精神を命を削るような正論が必要ですか?子どもを追い詰めるための正論って必要ですか?
正論を捨てたってどうとでも生きていけるよ。正論なんて無くても笑えるよ、泣けるよ。正論なんて無くても真面目に生きて、真剣に人のために怒ることだって出来るよ。

そいでさ、一度でも正論を投げちゃうとさ、結局は自分で自分の正論を拾わなきゃいけない日がやってくるよ。
それは僕から見たら辛くて苦しくてとっても悲しいよ。

視点を変えて子ども目線から
「親なのに~~~してくれなかった。」
「産んでくれなんて頼んだ覚えはない」
うん、分かるよその気持ち。その感覚。
でもさ、その思いは自分を幸せにするのかい?自分にとって無くてはならない大事なものなのかい?
自分を幸せにするものなら何も問題はないよ。自分にとって無視して生きることが出来ないのならそれはしょうがないよね。
でもさ、その思いを言葉にしちゃったら、結局は自分で自分の言葉を拾わなきゃいけない日がやってくるよ。
それは僕から見たら辛くて苦しくてとっても悲しいよ。


心の痛覚

こころの痛覚がおかしい。痛みに鈍感すぎたり敏感すぎたり。
人の痛みに勝手に便乗してみたり。痛みと素直に向き合えないことが最近の悩み。
痛みは悪く無いんだよな。そうなんだよな。痛みは避けられない。覚悟を決めて痛みと向き合う。覚悟を決めれば選択が出来る。耐えるのか、助けを求めるのか、心に麻酔をかけるのか、痛みから学びを得るのか。
痛みは学びを生む。痛みを大切にしたい。痛みを知りたい。自分と自分の大切な人のためにきちんと丁寧に痛みを取り扱いたいだけなんだけど痛みの取り扱い方はとっても難しい。
超絶に鈍感なときが特に厄介で、傷付けられてるということに長期に渡って気付かないものだから後々傷だらけの自分に気付いたときにはほぼ手遅れ。
傷付けられた相手に抗議をしても伝わらなかったり、そもそも時間が経ちすぎて相手と連絡が取れなくなっていたり。
そうなるともう、関係するもの全てを断ち切りたくなる。捨ててしまいたくなる。
というか、今までの人生においてそういうパターンを幾度か繰り返してきた。
そもそも自分の感覚に気づくことが苦手だから自身の感覚を相手にきちんと伝えることはとても難しいことだし、面倒くさかったりもするから伝える気にすらならなかったりもする。でも、それでいいとも思う。それでも寄り添ってくれる人はいるし。
相手の気持ちや考えを100%は汲み取れない。無理に汲み取ろうとしてお互いに消耗しあうことだってある。
とはいいつつも、やっぱり人は人に傷付けられ、人は人に癒やされるのだと思うし思いたいと考える自分もいる。だから僕は自分が大切にしていることを丁寧に相手に伝えること、それを大切に受け取ってもらえること。そんな人として当たり前なことを意識して丁寧に取り扱うようにしている。
その逆もまた然り。相手の話を真剣に聴いて受け止める。話じゃなくてもいい。態度や何気ない仕草を丁寧に受け取る。それは本当に特別なこと。
「おはよう」「こんにちは」「こんばんは」
何気ない挨拶に心を込める。何気ない挨拶に心を留める。丁寧なやり取りを意識する。
そういう毎日を淡々と重ねる。そういう毎日が自分を押し上げてくれる。そういう毎日が素敵な縁を生む。相手だけじゃない。自分に対しても丁寧に。自分の思いを自分で丁寧に受け止める、吐き出す、丁寧に尊重する。
自分で自分の思いや考えが分からなくても丁寧に認める。分からないものは分からないと素直に認める。
淡々と。そして粛々と。それでいて丁寧に。そういう毎日の積み重ねが未来の自分を形作る。

*「つきゆび倶楽部」12月号より筆者の許可を得て転載します。(おおさき)

I am OK

<IamOK>

 “たんぽぽ” へのご相談は、最近はひきこもり、発達障害や精神疾患が急速に増えていますが、それでも、昔も今も最も多いのは不登校に関わるものです。
 子どもは学校に行かなければならない、行くのが当たり前、という考え方が世の中全体に岩盤のように定着しています。だから、ある日突然、我が子が学校に行かない、行けないという事態になると、大抵のお父さんお母さんは周章狼狽されます。
 子ども達が自然な、バランスの取れた成長を遂げるために、同年代の子どもと一緒に遊び、一緒に勉強することは良いこと、その意味で、学校の存在意義はあります。
 ただ、我が子も含め、不登校問題に30年も関わっていると、学校は何が何でも行かなければならないもの、とは思わなくなりました。
学校は社会の一部、大人社会の縮図です。否応無く大人社会の姿を反映します。過酷な競争、格差、イジメの構造はそのまま、現在の学校の実情に反映されています。
カウンセラーとしては、どうやって学校へ行けるようにするか、という現実的な対策をご相談に来られた保護者と一緒に考えざるを得ませんが、ぼくが密かに願っていることは、子ども達がいつの日か、「IamOK」自分を肯定する人生観を獲得してくれることです。
 学校に行けなくても、勉強ができなくても、腕力が弱くても、走るのが遅くてもOK。そんなことは人生に何の影響も与えません。ありのままの自分を受け容れる、それが最強の生き方の出発点。人間として最高の価値であるやさしさの原点。
 やさしい心だけあれば、人間は生きて行けます。小さなものを愛する。人の痛みに想いを寄せる。そんな気持さえ持っていれば、人はどんな境遇に置かれても幸せをつかめます。
 ぼくに「IamOK」という考え方を教えてくれたのは国分康孝先生の小さなブックレットでした。この小さな本はかなり以前にどなたかにお貸しして、その後“たんぽぽ”の本棚には戻って来ません。まあ、お貸しした本の90%が戻って来ないのは先刻承知、どうということはありません。近頃、ぼくの物忘れは一層ひどくなりましたが、「IamOK」はしっかり憶えていますから。

学力と不登校発生率

<学力と不登校発生率>

 先日、知り合いのデータ分析にめっぽう強い先生が、ぼくが県教育委員会に在籍していた2000年当時から現在までの、年毎の不登校発生率の推移を克明にデータ化して送ってくださった。
過日の高知新聞でも、高知県の不登校発生率が全国一位と報道されていたが、その先生のデータでも、若干の浮き沈みはあるものの、一貫して増加傾向にあることが見て取れる。ちょっと哀しいデータを見つめているうちに、ぼくの心にある疑問が湧いた。
 文科省の全国学力調査によれば、高知県の得点順位は近年飛躍的に向上している。もしそれが高知県の子ども達の学力が向上しているからであるのなら、不登校発生率も共に上昇するのは、現象としては矛盾する。理屈に合わない。
 子ども達が活き活き楽しく通い、学べる学校であってこそ学力は高まる。活き活き楽しく通い、学べる学校であれば、不登校はなくなる。学力と不登校発生率は反比例の関係にあるのが本来の姿だ。
 とすると、全国学力調査の得点順位の飛躍的上昇は何を示しているのか。子ども達の幸せにつながる本物の学力向上を意味していないのではないか。学力調査で点数を取るトレーニングに励んでいるだけで、学校は子ども達にとって活き活き楽しく通い、学べる場所になっていないのではないか。
教育行政の中に長く居た経験から、ついついそんな哀しい想像をしてしまうくせがついた。ぼくの推理が間違いであればよいのだが・・・。

シュタイナーのクリーム・野いちごの場所で・34

野いちごの場所で・34・シュタイナーのクリーム

                       大 崎 博 澄

 まだ、ぼくの名前を覚えてくれている方がいて、今でもたまに講演のご依頼をいただく。
最近ようやく少し慣れてはきたが、ぼくは昔から人前で極端に緊張するタイプの人間なので、いつまでたっても講演は得意ではない。
 ただ、教育や子育てにしろ、不登校やひきこもりにしろ、少年達の心の闇の問題にしろ、人間の生き方にしろ、ぼくでなければ問題の核心に触れることは語れない、と確信しているので(なんという傲慢!)、講演のご依頼をいただくと素直に嬉しい。万難を排してどんな小さな集まり、どんな遠くでもお伺いする。
 もっとも、いつも成功するとは限らない。失敗することの方が多いかな。打率三割くらいかな。会場の皆さんの反応で成功か失敗か、おおよその見当がつく。
 ぼくとしては、時たま笑っていただけると嬉しい。それを期待してお話の中にユーモアはひそませている。しかし、「生きる力を育む子育て」とか、「子ども達の心の闇にどう向き合うか」とか、「子どもの人権を守る」とか、くそまじめな人間が、くそまじめを貫徹したお話をするので、笑いが取れることはまれ。
 そこで、講演が終った後、会場の皆様のお疲れ具合を見て、時間が残っていれば少し笑っていただこうと、ぼくの人生の収支決算を報告する。
 <支出の部・失ったもの>
 髪の毛。なんと眉毛も。なけなしの老後の蓄え。自分のために使う時間。テレビのチャンネル権。日曜日の午後五時三十分からの「笑点」をコップ酒を片手に見たいと思うが、それさえままならない。寅さんも、クリント・イーストウッドも、「釣りバカ日誌」も「必殺仕事人」も見られない。まじめ一方の話が急にくだけて戸惑っているお客様が、この辺で少し笑ってくれる。
 <収入の部・いただいたもの>
 顔のシミ。顔のシワ。お腹の脂肪。この辺で爆笑になるが、話は再びまじめになる。いただいたもの、多くの皆様の善意、たくさんの皆様の支え、取り返しのつかぬ不幸を背負った孤独な老人の不思議な幸せ。
 <差し引き・我が人生は若干の黒字>
 先日、“たんぽぽ教育研究所”がお世話になっている会社の新入社員さんと思われる方から、思いがけないお手紙をいただいた。ぼくの詩集「人生の扉は一つじゃない」のご感想。
 <○○町でマンションの清掃をしています。新人研修で社長さんより詩集を頂き、仕事の合間に読んでいます。2、3年前から詩集をポツポツ読んでいたのですが、ようやく冬の夕暮れのような、なつかしさやあたたかさを感じる詩集に出会えました。読んで泣く度に、私は新しく生まれかわり、そうして優しさがわいてくるようです。>
 昨年亡くなったぼくの好きな詩人長田弘は、大きな出版社からたくさんの立派な装丁の詩集やエッセイ集を出している。どれを読んでみても、明らかに彼の文学的、あるいは思想的力量はぼくより劣ると思うのだが、ぞうくそがわりいことに、ついつい彼の高価な本をぼくは買ってしまう。彼の持っている何かに、ぼくを惹きつけるものがあるのだろう。
 どの本の最終ページにも、臆面もなくこういう著者紹介が載っている。
 「詩人。早稲田大学第一文学部卒業。北米アイオワ大学国際創作プログラム客員詩人。毎日出版文化賞、桑原武夫学芸賞、講談社出版文化賞、詩歌文学館賞などを受賞。」
 ね、嫌味な奴でしょう?ぞうくそがわりいでしょう?こんなことを平気で載せることだけでも、長田弘の心根の卑しさが分かるでしょう?でも、なんとか文学賞というようなものを、一生に一度くらいはもらってみたいと、実はぼくも思っている。長田に負けず劣らず、ぼくも卑しい。
 さてしかし、この新入社員さんのお手紙、<冬の夕暮れのようなあたたかさ、読んで泣く度に生まれかわる>、これはなんとか文学賞をもらうよりも、もっと嬉しかった。無名の市民、正真正銘の現場で汗をかく人からいただいた言葉だもの。
 あまりに嬉しいので、お礼状に添えてぼくの最新エッセイ集「生きることの意味」をお送りした。そしたら今度は、封筒に入った小さな箱が送られて来た。何あらん、開いてみると、ドイツ製のクリーム。
 しかも、能書きを読むと、この製品はシュタイナーの人智学に基づいて作られています、とのこと。人智学のことは何も知らないが、シュタイナーは子どもの自然で自由な発育を大切にした偉大な教育者。さもありなん、送り主様の心に触れた思いがした。
 近頃、朝晩、生まれて初めてクリームというものを顔に塗っている。もう歳だから、顔はシワ、シミだらけだが、心なしか、若々しく、男前になった気がする。
 さて、人生もいよいよ秒読み、次の本が出せるかどうかは分からないが、構想を温めている。もし実現の機会があれば、ぼくはこういう著者紹介をしてみようと思う。
 「文学賞にはついぞ縁の無かった無名の詩人。山の畑も高齢で泣く泣く手離した中途半端な百姓。しかし、田中さんにいつも自家製野菜をいただく。河渕さんにいつも上等の湿布薬をいただく。新入社員さんに涙のファンレターとシュタイナーのクリームをいただく。人生で一番大切な人に愛をいただく。取り返しのつかぬ不幸を背負いながら、不思議な幸せを生きる老人」

たんぽぽ教育研究所のサイト

こちらをクリック!
たんぽぽ教育研究所

最新記事

カテゴリ

リンク

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。